釈尊の生涯と教えを学ぶ 駒沢大学名誉教授 皆川廣義先生と行く 第28回インド仏蹟巡礼の旅~釈尊七大聖地を訪ねて~

ツアー概要

私たち仏教徒にとって、教主・釈尊の聖地を巡礼し、その生涯と教えを学ぶことにより信心確立し、悟りと安心を得ることは、今生における最大な願いであります。この度、釈尊の全ての聖地-出家求道されたラージャガハ、悟りを開かれたブッダガヤ、初めての説法の地サルナート、入滅の地クシナガラ、生誕の地ルンビニ、祇園精舎のサヘト・マヘト、バイシャリ、それにナーランダ大学跡を巡礼いたします。釈尊の聖地は、それぞれ豊かな大自然の中にあります。そこで釈尊の生涯と教えを偲びながら、心より法要を厳修いたします。また、デリー、ベナレスの各都市では、ヒンズー教の寺院、城、博物館を見学し、豊かなインド精神文化を学びたいと思います。この度のインド仏蹟巡礼の旅は、皆様に必ず真実の自己の発見と生きがいを、与えてくれることでしょう。 皆川廣義

日程

2019年2月26日(火)~3月6日(水)7泊9日

募集締切

2018年12月21日(金)

募集人数

20名(最少催行人数15名)

旅行代金

368,000円

参加条件

  • 宗派問わずどなた様もご参加いただけます
  • パスポートの有効期限がご出発日より6ヶ月以上ある方

プログラムとポイント

  • 毎日の移動車中で、皆川先生の仏教にまつわる感動的なお話が聞けます
  • 各仏教聖地で参拝法要を厳修いたします
  • 仏教参拝エキスパートの日本語ガイドが全行程ご案内いたします

日程表

2/26(火)
11:30
空路、デリーへ
18:20
到着後、現地係員の出迎えを受けホテルへ
《デリー泊》
2/27(水)
午前
国内線にてベナレスへ。
午前
着後、ベナレス郊外のサルナートへ
釈尊初転法輪の地、サルナート参拝(サルナート大塔、アショカ王柱、ダメークの塔、ムラガンダクーティ寺院、サルナート博物館)
《ベナレス泊》
2/28(木)
早朝
ガンジス河の沐浴風景を小舟に乗って見学
午前
専用車にてブダガヤへ
午後
(ブダガヤ大塔(金剛宝座)、尼蓮禅河、スジャータ村大塔)
夕刻
その後、ラジギールへ
《ラジギール泊》
3/1(金)
早朝
ラジギール参拝 (霊鷲山頂、竹林精舎、新王舎城)
午前
途中、ナーランダの仏教大学跡を見学
午後
バイシャリ参拝(バイシャリ大塔、アショカ王柱)
午後
インド最大のストゥ-パ・ケサリア大塔参拝
着後、ホテルへ
《クシナガラ泊》
3/2(土)
午前
釈尊涅槃の地、クシナガラ参拝(涅槃堂、ラマバル塚)
午後
専用車にてルンビニへ
夕刻
着後、釈尊生誕の地、ルンビニ参拝(アショカ王柱、マヤ堂)
《ルンビニ泊》
3/3(日)
午後
専用車にて、バルランプールへ
夕刻
途中、ピプラワ参拝(ピプラワ大塔)
《バルランプール泊》
3/4(月)
午前
祇園精舎とコーサラ国の都・舎衛城跡参拝
午後
専用車にてウッターラ・プラディシュ州の州都・ラクノーへ
夕刻
着後、ホテルへ
《ラクノー泊》
3/5(火)
午前
国内線にてデリーへ
午前
着後、出発までデリー市内観光(国立博物館・釈迦仏舎利参拝)
20:20
空路、帰国の途へ
《機中泊》
3/6(水)
07:20
入国手続き終了後、解散。お疲れ様でした。

お問い合わせ先

社名:株式会社ビーエス観光 本社営業所
担当:範(唐沢)
電話:03-3502-4022
メール:tokyo@ashoka.co.jp